ご存知ですか?鯉のぼりを飾る意味

近年では五月五日は「こどもの日」として祝いますが、これはもともと五節句の内の「端午の節句」にあたります。

端午の端は「はじめ」という意味があり、端午(たんご)は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが後に、午(ご)という文字の音が五に通じることから奈良時代以降、五月五日が端午の節句として定着してきました。

江戸時代に入り、勢力の中心が貴族から武家に移るとともに、菖蒲(しょうぶ)の音が、武を重んじる尚武(しょうぶ)と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武の節句」として、武家の間で盛んに祝われるようになり、この端午の節句は家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。

3月3日のひなまつりが、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、5月5日の端午の節句は、男の子のための節句として定着していきました。

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。

その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)我が子が健康に成長し、どんな環境にも耐え将来は大きく出世し、立派な人になって欲しいという願いか込められている、立身出世を願う飾りなのです。

男の子が生まれたことを報告する意味をもつ鯉のぼりですので、大きさの大小にかかわらず飾りたいものです。



一般社団法人 日本人形協会 資料より